注文住宅とフルリフォーム

###Site Name###

建替えでは注文住宅となるのが基本ですが、高額な出費を前に悩むことも多いはずです。
経済性を考慮すればフルリフォームやリノベーションを選択するのも良い方法ですから、悩んでしまうのが自然だと言えます。



フルリフォームでは新築の半分程度の負担で新築並の住宅にすることが可能ですが、構造体の状況が健全なことが前提となります。

綺麗に作り直しても構造体の状態が悪いと長く持ちませんので、新築を計画した方が良い場合が出てきます。

もちろんフルリフォームと同時に構造体の補修や改善を行うことも可能ですが、場合によりコストがかかりすぎてしまうためメリットが薄れてしまいます。

注文住宅を選択するかフルリフォームを選択するかは、構造体の健全度によって変わると言えます。


住宅には耐用年数や寿命がありますが、メンテナンスの状況によって変わってくるため建物ごとに健全度は異なります。

フルリフォームを行っても寿命が短く長く住めないようであれば建替えた方が経済的ですし、逆に長く住める状態であれば補強や補修を同時に行いさらに寿命を延ばすフルリフォームが最適です。



築年数と構造体の状況が注文住宅にするかフルリフォームにするかの選択に関わってくると言えます。建て替えれば高額な費用がかかりますが、確実に寿命が長くなりますのでコストパフォーマンスは高くなると言えますが、フルリフォームではかけた費用が必ずしも思い通りの寿命を実現できる訳ではないため、コストパフォーマンスも重視する必要があります。