ERPシステムの導入で俗人的な業務から脱却する

ERPシステムの導入をすることで企業は業務の標準化を図り効率化を進めることができます。


ERPとは、エンタープライズ・リソース・マネジメントの略で、業務の一部分だけのシステム化に留まらず、企業の業務を丸ごと一つのシステムで管理し、その情報を上手く統合し経営に活かすというのが目的です。

ERPシステムは大きく分けると世界的な標準システムと、ソフト会社のコンサルタント部門が顧客専用に開発するものがありますが、コストの面や業務の平準化の観点から世界的な標準システムを導入するケースの方が多いようです。
もちろん、業界が違えばそれに対応するモジュールに部分的に入れ替えるということは可能になっており、完全に画一化されたものではありませんので、ある程度その業界に合った仕様で使っていくことができます。



このシステムを導入することによって、俗人的な仕事のやり方を変えて標準化することが期待できます。



それによって労働時間の短縮を実現し結果的に労働コストの減少によってシステム投資を回収することが可能になります。

Girls Channelについての情報ををお探しの方は必見です。

さらに、仕事が標準化されデータが共通のデータベースに蓄積されることによって、そのデータを上手く活用して利益を大きくする余地が生れます。
ERPの本当の目的はここにあると言っても過言ではありません。導入当初は現場の作業がやりにくくなったという声があがるかもしれませんが、しばらくすると標準化の効果が上がってきて現場の従業員の理解も得られるはずです。